生え際が30代後半で薄くなった

生え際が30代後半で薄くなった方の事例~生活習慣の改善~

生え際が薄くなったM字はげ

30代も後半にさしかかってきた頃、生え際が薄くなってきました。

 

私の場合は、いわゆるM字はげといわれるもので、おでこの両左右の生え際が後退していきました。

 

M字はげは戻らない?

M字はげの場合、一度はげた部分はもう戻らないといわれています。

 

私の場合も例外ではありません。当初は抜けていく髪の毛にひどく落ち込み、同時に生えてこない髪の毛に苛立ちを覚えていたのですが、ある時、発毛はあきらめ、育毛そして抜け毛を極力防ぐ方向にシフトチェンジしました。

 

この切り替えにより少し気持ちが楽になったような気がします。

 

育毛と予防

育毛や抜け毛の防止として、私がしたことは、生活習慣の改善でした。

 

抜け毛が特にひどかった時は、実生活でひどくストレスを感じていたときでした。そのストレスが和らぐと一気に抜け毛が減ったので、ストレスがいかに抜け毛に影響があるのかを身をもって知りました。

 

生活習慣の改善方法

そこで、なるべくストレスを感じないように生活することが大事だと感じて、自分に負荷をかけすぎないように生活するようにしました。

 

また、他人から与えられるストレスについては、自分なりのストレス解消方法を探り、それを実践することで少し楽になりました。

 

私は体を動かすことが好きなので、週に2回のジム通いがストレスを解消させてくれました。

 

禁煙も大事

そのほか生活習慣で改めたのは、禁煙したことです。

 

別に抜け毛が原因で禁煙したわけではないのですが、後から、禁煙の効果を調べるにつき、たばこは血行不良を引き起こし、抜け毛につながることを知った時は、禁煙して良かったと心から思えました。

 

お酒も影響

晩酌も極力控えることにし、飲みすぎで二日酔いになる事態を招くことはなくしました。

 

生活習慣の改善で変化

生活習慣の改善で抜け毛はゼロではないですが、あきらかに減りました。

 

これは排水溝にたまる抜け毛の量をみれば一目瞭然です。

 

私の場合は、現段階では生活習慣の改善だけしか取り組んでいませんが、今後は育毛対策として、髪の毛に良いとされる食生活に切り替え、そしてサプリメントも摂取していこうかなと思っています。